●案内
●情報

脂肪注入による豊胸術9:レントゲンに写るの?

スポンサード リンク
脂肪注入によるバストアップは自分の脂肪なので、一般的な健康診断などで行う正面から写す胸部X線検査であれば、レントゲン上は写らず、乳がん検診などでも分かりにくいです。

注入した脂肪だけがくっきりと写ることはなく、通常の組織と同じように写ります。

エコーによる検査では、しこりになってしまったら、しこりの部分は写ります。

そのため豊胸手術後は少しでも脂肪細胞が生着し、しこりにならないよう、できるだけ施術部位の清潔と安静を保って、感染を起こさないように注意が必要です。

処方された抗生剤などの薬は必ず、内服してください。

施術後の通院も必ず行ってください。

脂肪を注入することで、乳がんのリスクが上がることはありません。

◆都道府県別の美容外科/クリニック一覧◆

豊胸(バストアップ)治療が行える美容外科/クリニックを都道府県別に一覧でご紹介しております。

目的の都道府県を下の日本地図から選択していただき、都道府県別の美容外科/クリニック一覧をご覧下さい。
豊胸(バストアップ)治療

北海道・東北関東・甲信越東海・北陸関西・近畿中国・四国九州・沖縄北海道青 森岩 手宮 城秋 田山 形福 島
東京1東京2東京3神奈川埼 玉千 葉
茨 城栃 木群 馬山 梨新 潟長 野
富 山石 川福 井愛 知岐 阜静 岡三 重
大 阪兵 庫京 都滋 賀奈 良和歌山
鳥 取島 根岡 山広 島山 口
徳 島香 川愛 媛高 知
福 岡佐 賀長 崎熊 本大 分宮 崎鹿児島沖 縄