●案内
●情報

脂肪注入による豊胸術3:話題の幹細胞

スポンサード リンク
脂肪を注入して行う豊胸手術で、重要な要素は脂肪の生着率(定着率)です。

幹細胞とは21世紀の医療として注目を浴びている方法のことで、脂肪の生着率(定着率)を高めます。

脂肪細胞のみの注入では生着率は100%にとても及ばず、希望通りのサイズアップは難しい現状がありました。

しかし、幹細胞を多く含む脂肪間質と結合組織を同時に注入することにより生着率は高めることができます。

一部の医療機関ではこの幹細胞を利用しての脂肪注入豊胸法を行っています。


*幹細胞とは

正式には脂肪由来幹細胞という名称です。

脂肪組織や周辺の問質には、まだ未分化の細胞群があります。

そこ(幹細胞)があって、その細胞が脂肪になるとされています。

この幹細胞を注入すると、そのまま幹細胞として生きるだけでなく、脂肪細胞に生まれ変わって生着するものもあります。


◆都道府県別の美容外科/クリニック一覧◆

豊胸(バストアップ)治療が行える美容外科/クリニックを都道府県別に一覧でご紹介しております。

目的の都道府県を下の日本地図から選択していただき、都道府県別の美容外科/クリニック一覧をご覧下さい。
豊胸(バストアップ)治療

北海道・東北関東・甲信越東海・北陸関西・近畿中国・四国九州・沖縄北海道青 森岩 手宮 城秋 田山 形福 島
東京1東京2東京3神奈川埼 玉千 葉
茨 城栃 木群 馬山 梨新 潟長 野
富 山石 川福 井愛 知岐 阜静 岡三 重
大 阪兵 庫京 都滋 賀奈 良和歌山
鳥 取島 根岡 山広 島山 口
徳 島香 川愛 媛高 知
福 岡佐 賀長 崎熊 本大 分宮 崎鹿児島沖 縄